FC2ブログ

自転車を安全に乗りましょう。 

 出校日に文書を配付しました。
 子どもたちの安全のために,御家庭でも御指導ください。

1 ヘルメットを必ず着用させる。
  道路交通法では,保護者は,児童・幼児を自転車に乗せるときはヘルメットをかぶらせるよう努めることとされている。

2 「一時停止」と「安全確認」を徹底させる。
  急な飛び出しを絶対にさせない。
  一時停止の道路標識がある場合には、停止線の直前で一時停止をさせる。また,標識がない道路でも一時停止をし,安全確認を徹底させる。

3 「二人乗り」を絶対にさせない。
  自転車の定員は原則一人である。荷台等に乗車させて運転することは違法行為である。

4 道路の左側を通行させる。
  自転車は「軽車両」と位置付けられており,車道や路側帯を通行する場合は,自動車と同じ左側通行である。

5 事故の「加害者」となり得ることを理解させる。
  自転車の運転者が事故を起こし,人に損害を負わせた場合は,賠償責任を負うこともある。